タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

楽して生きたい!は大正解

f:id:takagishi:20170525025443j:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんは、タカギシです。

ちなみに今日で26歳になりました〜。

子供を持つと歳を忘れてしまいますな(´・ω・`)

 

ところで今レギュラーでやっているファッション系の記事執筆の本数を減らそうと思っています。

それは何故かって?儲からないからだよ!

 

 

1500文字1万円は高い?安い?

減らそうと思っているメディアは1500文字1万円です。

おそらくこれを見るとそこそこ高い単価に思えますよね?

でもね、これって決して高くは無いんです。

なぜなら

  • 撮影
  • 執筆
  • 入稿

までを完了させようと思うと1日仕事になってしまうからです。

おそらく日給で1万円なら高いと感じる方もいるかもしれませんが、現在の僕は1日平均で3.5〜4万円を売り上げています。

そして神クライアントからは「どれだけ書いても良いよ」と言われているのです。

結果的に損をしてしまうんですよね(´・ω・`)

もちろん仕事があるに越したことはありませんが、このメディアは僕自身がモデルもやるので、どうしても外注ができないのです。

だから儲からないから、減らすという戦略をとることにしました。

だってできる限り楽に稼ぎたいと思いませんか?

 

 

楽して生きていきたいから

「楽して稼ぐのは悪だ」「汗水垂らさなければならない」という綺麗事がまかり通っている日本ですが、誰だって少しでも楽に稼ぎたいと思っています。

それは僕も同じです。

けどね、それは決して悪いことではなくて効率良く稼ぐ方法を考えた結果なんだと思います。

特に僕はフリーランスであり経営者であるわけで、とにかく多くの売上を上げる必要があるんです。

だからこそ、コスパの悪い仕事は減らさなければならないのです。

とはいえメディアの仕事は楽しいんですよ?

ただ「楽しい」という感情が、僕にはモチベーションにならないのです。

 

 

モチベーションは人それぞれ

まだ今ほど売上もなく、時間に余裕があったときは「まあ単価も悪く無いしバイト感覚でいいか」と思って仕事をしていました。

しかもファッション系メディアなので買った服は衣装になりますし、友人と取材や撮影をするのは楽しいものです。

でも僕は「1番楽しいことはお金を稼ぐことだ」と気づいてしまったのです。

その結果、先月は70万円という売上を上げることができました。

そして来月は年間1000万の目安となる、月90万円に挑戦しようとしています。

そのためにはやはり効率良く稼ぐしか無いんですよね。

世間のおっさんは「けしからん!」って怒るのかもしれないけど、やっぱり無駄な汗水垂らすより、無駄な時間をかけるより、今できる最善の方法で高効率化を目指すべきだよ。

それでも「お前は楽して稼いでけしからん!」って怒るなら、そんなおっさんはきっとサラリーマンです。

だって何もしなくても、逆に頑張ってもそんなにお給料上がらないんだから。

だからおっさんが何十年と積み上げてきた給料に、限りなく近いた(むしろ大半は超えられた?)今ならこう言える。

 

おっさんの〇十年は、僕の3ヶ月と同じ価値なんだね

 

以上

 

 

本日の売上

レギュラー案件1記事 3万円くらい

 

広告を非表示にする