読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

文字単価より売上の方が大事って本当?複業スタイル目線で考えてみました。

こんばんは、タカギシです。
また日付が変わりました(´・ω・`)
本業復帰までにはこの習慣直さねば…

そして今日もお仕事してませーん。
ダラダラしてただけじゃないですよ、しっかり情報収集してたんだから!いやまじで。

おかげさまで稼いだお金の使い道が決まりました。キャバクラで未来ある女の子達に捧げます。嘘じゃないよ、すこしぐらいね。ね?

そんなこたあどうでもいいんです。
今日情報収集をしている中で気になることが書いてあったんです。
「文字単価よりも売上を重視するべき」

本当にそうかなあ?



複業ライターにとっちゃどうでもいい話

実際売上重視との記事を書いている方は専業ライターの方となんちゃってライターの方なんですよ。
洗脳でもされてんの?って思うほどにしつこく書いてます。

複業スタイルで短時間に成果をあげようとする人にとっては、結局文字単価が大切なんですよ。いかに効率良く稼ぐかが勝負なわけですよ。
本業で安定収入もらってるから大丈夫です、ご心配なく。

しかも私のようにダラダラしながら少し稼げればいっか!ってタイプならもうほんと売上とか関係無いんです。

月2〜3万ならちょっと文字単価意識して受注するだけで楽勝に稼げますよ。
私は文字単価が平均2円くらい(下がった)なので25000文字書けば5万稼げます。

1日1時間ですよ?ね、楽勝でしょ?



とはいえ売上も気になる

こんだけ噛み付いていながらも気にはなってるんですよねえ…

私みたいにてきとーに稼ごうっていうスタンスならともかく、本業の収入超えるぞ!とか、上司の収入超えるぞ!と意気込んでいる場合は重要になってきます。

私も実は大嫌いな先輩の年収越えようと思っているんですけど、ぶっちゃけ余裕で超えています(このままいけばね♡)

ダラダラやって超えるんだからまあいっかとあまり本気にはならないのですが、生活に関わるのなら売上重視型で少し安い案件もどんどん取るべきでしょう。

手数料以外は基本的に自分のものなので、売上を上げる=収入が上がるに直結します。ですから文字単価にこだわり過ぎず、売上重視にすると良いのかもしれませんね。



でもやっぱり文字単価を重視すべきだと思う

しつこいですか?
いいでしょう、納得させてみせます。

案件って
1.「文字単価高くてボリュームが多い」
2.「文字単価高くてボリューム少ない」
3.「文字単価安くてボリューム多い」
4.「文字単価安くてボリューム少ない」
この4種類だと思います。

1と4はどちらを優先すべきか一目瞭然だと思います。2と3が迷うんですよね…
私は楽をしたがるので2を間違いなく選びますが、それ以外にも理由があるんです。

例えば2がトータル10000円3がトータル15000円だったとします。売上を重視するのならもちろん3を選ぶべきですが所詮一時の売上が上がるだけで、しょうもない労力です。
トータルでは安いけど2をやって、余った労力で1か2の案件を探すべきなんです。そっちの方が長い目で見たら売上が上がると思いますよ?

もし3の案件でいっぱいいっぱいになった場合、1か2の話が来たら断らざるを得んかもしれないですしね。

私みたいな楽をして稼ぎたい!は間違いかもしれませんが、効率良く長期的に売上を伸ばす!はありだと思います。





まとめ

文字単価を意識し過ぎて仕事をしなくなるのはダメですが、売上のためにしょうもない仕事をし過ぎるのもダメだと思います。
でも私みたいにダラダラてきとーに稼ぐのはもっとダメだと思います笑

文字単価をベースに、売上とのバランスを考えると稼ぎやすいかもしれません。

でも大切なのはやっぱり自分のペースで気楽にやること!だと思います。複業スタイルの特権ですよ。

なのでこれからもダラダラてきとーに稼ごうと思います。おしまい。

※文字単価重視したからといって売上の保障はしませんよ♡