タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

あらゆる「会社員時代<独立後」

こんばんは、タカギシです。

もはや更新することがほとんどない当ブログ。

たまーに読み返すと、涙なしには読めませんね。

そしてふと、「個人事業主として第3四半期が終了する」という意識とともに、これまどを振り返ってみたら、会社員よりも独立後の方が最高だということに気が付きました。

なので、チラ裏的に今日は書いていきます。

※ぼく個人のケースですし、自社サイトやお客様向けに納品する記事と比較すると、クソみたいな文章ですが悪しからず。

 

やりがい…会社員時代<独立後

やりがいに関しては、圧倒的に独立後の方が大きいですよね。

当たり前ですが、会社が守ってくれているわけではありません。

しかも自分の好きなこと=お金稼ぎを積極的に頑張れる環境ですから、これ以上のことはないですよね。

ちなみに

・昨期…800~1000万円の範囲

・今期…1200~1500万円の範囲

となっています。

個人ではそこそこかもしれませんが、会社員時代の10倍は稼がなければ、将来的な不安はありますよねー。

なので来期は自社サイトをいくつか育て、芽を出させます。

 

リスクの低さ…会社員時代<独立後

リスクに関しては、今のところ会社員時代の方が感じられています。

というのも会社員時代はパワハラまがいのことや恫喝、そして転職後2週間での首先刻まで経験していますから、3年間で「もう終わった…」と何度思ったことでしょう。

「会社員にも結構リスクがあるんだ」なんて思いました。

一方、独立後はお客様にも恵まれ、アフィ業界でお付き合いのある方から「ぜひ外注依頼させてくれませんか?」などと引き合いに出していただけることも。

それでもお断りして、1人のお客様とお付き合いを続けていますが、お客様の新規サイトも数百~数千万円単位で利益が上がるため、僕の仕事もなくなることは「今のところない」と断言できます。

しかも完全オリジナルで書きたいように書かせていただけていますし、SEO的なフィードバックも得られていますから、「お金をもらってSEO知識が増えている」という感じ。

個人的なスキルアップができて、仕事ももらえて、しかも今後の自社売り上げにつながるなんて…。

なので独立後はリスクを感じたことはほとんどありませんし、おかげさまで満足させてもらっています。

 

ライフスタイル・家庭の充実度…会社員時代<独立後

プライベートの充実度に関しても独立後の圧勝です。

というのも会社員時代はお金もなく、しかも時間もない。

なのでちょっとした旅行も、外食も、お買い物も、全部我慢ばかりでした。

でも今はすべて我慢しなくても、基本的には家族全員で楽しむこともできます。

しかも、自分の仕事さえ何とかなれば簡単に予定をあけて家族との時間を作れます。

しかもしかも、もうすぐ1歳になる次女の成長を、在宅ワークなのでずーっと見ていられます。

長女のときには無かった幸せが、今では多い。

なので充実していないわけないですよね。

 

まとめ

まだまだ比較できる部分はありますが、正直上記の内容だけでも本当に満足できています。

なので会社クビになってよかったーと今では思います(タイミング的な意味)。

今後は来年法人化をし、その後5年で年商1億円まで達成できれば最高!

実際お客様が所有する2つの新規サイトも、1年しかたっていないにもかかわらず、99%僕の記事で合計300万円/月ぐらいに成長しています。

ということは、自社サイトに力を入れれば、億見えてくるよね?なんて短絡的な希望を抱いています笑

もちろん現実を見ながらの作業となりますが、これからもリスクを感じないように、また独立してよかったと一生感じていられるように、しっかり頑張りますよ!

おかげさまで元気です

危ない、1年以上空けてしまうところだった。

とりあえずご報告ですが、相変わらずタカギシはWEBライター頑張っています。

そして年商ベースで1200万円を超えそうです。

単純に月100万円ですね!

なかなか神クライアントを獲得するのは難しいですが、

SEO知識さえあればライティングで食っていける

というのが今の本音です。

なので今、もしライターで複業をしてみたい、独立したいけど売上が上がらない、という人はSEOの勉強を死ぬ気ですることをオススメします。

かくいう僕もサイト運営がボチボチ成果を上げそうな雰囲気で、長期収益化に期待ができそうです。

ちなみに複業狙いの方は目先の利益でライティングをするのではなく、サイト運営による長期収益化を狙ったほうが後々お得になりますよ!

月90万円ライターの「ランサーズで良いプロジェクトゲット作戦」

f:id:takagishi:20171004185942j:image

引用:ぱくたそ

 

こんにちは、タカギシです。

本日は神クライアントに会いに、名古屋出張の日です(´・ω・`)

1人だけで年商2億近くを売り上げるスーパーアフィリエイターに会えるのは本当に嬉しことですね!

僕も早くアフィで成果を上げねば…。

そのために今月からサイトの記事制作依頼ということで、初めてランサーズで外注依頼を出しているのですが、特に有料オプション等をつけていないにも関わらず、意外にも多くの方が応募してきてくれまして嬉しい限りです。

ただ、中には「この人に依頼することはまず無いだろうな〜」という方もチラホラ。

そこで今回は「ランサーズでプロジェクト案件に応募し、高確率で良案件に採用される方法」について、電車の時間が許す限りご紹介していきましょう!

 

 

偉そうな文面はNG

まず最初に、偉そうな文面で提案してくるのは絶対にNGです。

ポジティブに捉えれば「自信の表れ」でしょうけど、顔の見えない相手の自信ほど不安になる要素は無いんですよね…。

例えば

「私が執筆したメディア様では軒並みPVが伸びています。なのでタカギシ様のメディアでもお力になれること間違いないでしょう。そのため今即決してくれたら文字単価2円で受けてあげます。」

といったように何故かちょいと上から目線の人がいるんですよね(´・ω・`)

本当に優秀かどうかも分からないのに、偉そうな人にはお仕事頼まないです。

 

度を超えた要求もNG

僕は依頼文で「最初はどの程度の能力かわかりませんので1記事だけ0.8円で受けていただき、その後継続であれば最高で2.0円程度まで検討します。」としていました。

しかし「私の能力であれば、今なら2.5円で受けます」と提案してくる人がいたのです。

いやいや、こっちの依頼無視で、しかも知らない人にいきなり高単価は出しませんよ?

信頼関係が築けてこその外注さんだと思うので、そんな方にはそもそもお仕事はお願いしません。

仮にお願いするならば、「納品された記事で○ヶ月以内に△円以上の売上がない場合、ペナルティを科す」といった条件付きでしか依頼しません笑

 

アピールポイントは4つ盛り込む

人によって違うかと思いますが、タカギシとしては

 

  1. 自分にどのくらいのキャパシティがあるのか
  2. 今回の依頼に対してどのような経験があるのか、またどのように役立てるのか
  3. 納期は概ねどの程度かかるのか
  4. やる気はどの程度あるのか

 

という4点を主にアピールしていました。(最近は全然ランサーズ利用していないけどね笑)

そして僕自身が発注者になって感じたことは、やっぱりこの内容で提案してくれる方が分かりやすいということです。

そしてタカギシの場合は特に急いでいるわけでもなかったので、納期などは正直に書いてくれれば大丈夫でした。

実際に周りのアフィリエイターさんもこれまでの業務が忙しいはずなので、そんなにキツキツの納期は求めていないんじゃないかな?

だから全ての項目に対して、正直に述べて「それでもあなたの仕事には○○の魅力があるので、なんとしても受注したいです!!!」と熱意を述べましょう。

アフィリエイターさんは結構人間味のある方が多いので、僕は昔この方法で受注しまくっていました。

 

全体的に500〜1000文字くらいの文章で

本当は「テスト記事」「見本記事」なるものを提示できると良いのですが、用意するのも面倒くさいですよね。

そこでオススメなのが「依頼主に合わせて、提案文を500〜1000文字くらいで丁寧に書く」ということです。

実は依頼主はあなたの提案文の読みやすさや、ポイントの抑えどころなど、非常によく見ています。

僕もそうですが「この人はユーザーに説明することが本当に上手そうだ」「ちょっとこの人は口ばかりで、あまり良い記事が書けなさそうだ」と思うため、提案文一つを見るだけで「誰に依頼するか」はある程度絞り込むことができるのです。

そのため必ず超丁寧に提案文を書くことをオススメします。

 

さて、次が最後のポイントであり最重要とも言えるポイントですので、心してご覧になってくださいね。

 

「なんでもできる」は「なんにもできない」

よく提案文で「他にもこれだけのことができます」「別の案件を依頼してくれても的確なリサーチの元、読みやすい文章で執筆できます」と言っている方がいますが、これって超マイナスポイントです。

なぜなら「なんでもできる」ということは、全ての分野において知識が浅く、曖昧なまま執筆される可能性が高いからです。

そのため提案する際には「この案件について自分がどれだけの知識を持っているか」または「知識はなくとも深くリサーチして、クライアントの指示通りの記事を執筆できるか」ということが重要になります。

つまり「嘘でも良いからその分野に特化しているor特化できる」という点をしっかりアピールすべきなのです。

これさえできれば、正直に言ってクライアントは「この人なら時間を割いてリサーチして、さらにこっちの指示をしっかり聞いて執筆してくれる」と思いますから、高確率で良案件をゲットできますよ!

この記事をご覧になってくれたそこのあなた、ぜひ一度お試しくださいね。

意外と受注率が上がって、仕事に困らず稼いで行ける可能性も上がりますよ!

 

まとめ

電車が目的地に到着しそうなので終わりにしますが、いかがでしたか?

案外普通のことを言っているだけなのですが、意外と皆さんできていないものなのです。

「発注者側の気持ちになる」ことがベストに決まっていますが、サイト制作をしていないライターにとってはイメージしづらいですよね。

そのため今タカギシが紹介したポイントをすべて頭に叩き込んで、一生懸命プロジェクト案件をゲットしてみてください。

僕はこの方法で、月90万円の基を作り上げました。

 

 

 

 

月90万円ライターが贈る「超簡単にライターとして50万円稼ぐ方法」

f:id:takagishi:20171001020940j:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんは、タカギシです。

ここ数ヶ月間は絶好調で、9月の売上も90万円を超えています。

これはもう、クライアント様様と言うべきです。

 

さて、本題に入りますが、あなたはライターとしていくら稼ぎたいと思っていますか?50万あれば最高!と思いませんか?

過去のエントリーでも書いていますが、月90万円ライターとなった僕から見て「月50万円稼ぐ方法」をお教えしていきましょう。

 

 

最初は数万円でOK

最初から50万円を稼ぐことは、よほどの才能がない限り無理です。

だって、そもそもWEBライターがどんな仕事なのか、そしてどう書くと顧客に喜ばれるのか分かりませんもんね(´・ω・`)

だから始めてから数ヶ月はお小遣い稼ぎ程度に「数万円」分の案件を受注しましょう。

ランサーズやクラウドワークスを活用するだけで、確実にそれだけは稼げます。

※キュレーションサイト(まとめサイト)の案件は、著作権法上の責任を押し付けられる可能性があるので、避けましょう。

 

次は「稼げる分野」の専門性を身につける

さて、ライターを始めて数ヶ月が経過したあなた。

これまでに文字単価が2円以上くらいの「高単価」と呼ばれる案件に出会いませんでしたか?

実は高単価と呼ばれる案件はゴロゴロ転がっているのですが、それぞれに共通するポイントがあります。

それは下記の箇条書きの通りですから、ご覧ください。

 

  • クライアントが大企業で、そもそもの予算が多い
  • 保険、査定、転職、健康、金融、恋愛系の案件

 

前者は「当たり」そのものなのですが、後者の案件は「確実に継続して稼がせてくれる」という特徴があるのです。

実は後者の特徴としては「アフィリエイトサイトとして儲かるジャンル」であるため、基本的にクライアントは皆さん「超稼いでいる人」ばかりなのです。

だって、儲かってないアフィリエイターは自力で執筆してますからね笑

つまりこれらのジャンルに強くなることで、確実に高単価案件を取りに行きやすくなります。

そのためライターの仕事に慣れた後は、今上記した分野の中で「これなら興味持てるかも!」という分野ばかり受注していきましょう。

そうすることで「この分野は、こういった内容と書き方が求められる」ということがよく理解できます。

 

そして高単価の獲得へ…

専門性が身について知識が豊富になり、さらに求められる書き方を理解することができるようになれば、あとはクライアントから直接依頼が来ます。

 

例えばタカギシの場合はそもそも知識があったので(専門分野の最前線で営業職をしてました)、あなたとは違うルートかもしれませんが、ランサーズの実績がちょこっとついたあたりで「ご依頼させてください」というお声がけを頻繁に頂くようになりました。

そして今発注者側にまわってみると「実績がある人の方が信頼できる」「少しでも依頼費用を無駄にしたくない」と思うため、

 

  • ちょっとでも実績がある
  • 専門分野について執筆できる

 

という人には勝手に、高単価の仕事依頼が舞い込んでくるのです。

またあなた自身が大丈夫であれば、Twitter上で「月○百万円達成」などと言っているアフィリエイターさんに、直接営業してみることをオススメします。

かなり稼いでいるアフィリエイターさんは多く、さらに多くの方が「優秀な外注ライターが欲しい!」と強く思っていますから、直接営業をすることでタカギシみたいに「平均文字単価4.5円」になることも珍しくありませんよ!

 

なんなら、SEOのルールに従ってライティングしていけば問題ないので、タカギシのように文章力がなくても、簡単に50万円ぐらいまでは達成できますよ!

 

以上!

 

 

 

 

月80万の売上からの事業拡大

f:id:takagishi:20170809182001j:image

引用:ぱくたそ

 

お久しぶりです!タカギシです!

5月末から更新が途絶え、「あ、こいつ終わったな」と思っていたそこのあなた!

残念ながらタカギシは稼ぎ続けていますよ〜

実は忙しくて忙しくて、非営利のこのブログを更新するのが面倒くさかったんですよね(´・ω・`)

 

さて、手短に最近の状況をお伝えしていきましょう。

 

・5-7月は売上80万をコンスタントに達成

・新サイトに着手

 

それぞれチャチャッと説明していきますね。

 

 

・5-7月は売上80万をコンスタントに達成

これに関してはクライアント様様です。

もう神様です。

おかげさまで単価も上がり、年収1000万円が見えてきました。

しっかりと真心込めて、ユーザビリティに富んだ記事を書き続けるのみですね(´・ω・`)

なお、新規のクライアントは増えておりません。

 

・新サイトに着手

ライターの仕事がいつまでも続くとは思っていませんので、アフィリエイトにも注力しています。

しかし現実には外注さんのバックれなどもあり、元々持っていたサイトはあまり更新できていなかったんですよね〜。

そこで心機一転、新サイトを作りました。

嫁様が非常に優秀だったおかげでいい記事が量産でき、ライターでコンスタントに稼ぎながら、サイトには毎日良質な記事が貯まっていくという、素晴らしいサイクルができつつあります。

とはいえ競合が非常に多い分野ですので、1〜2年後には500ページ以上の大規模サイトとして、今の3倍ぐらいは稼いで欲しいな〜なんて思っています。

 

 

以上。

意外と稼げると知ったライター業も、稼いでいると「まだ足りない、もっと売上を増やさねば」という気になってしまいます。

実際に自分の頑張りが100パーセント評価される現在では、まだまだ不安が多いんですよね。

というわけでこれからもしっかり稼いでいきますよ〜。

 

 

 

今日の売上

レギュラー案件 55000円

 

 

楽して生きたい!は大正解

f:id:takagishi:20170525025443j:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんは、タカギシです。

ちなみに今日で26歳になりました〜。

子供を持つと歳を忘れてしまいますな(´・ω・`)

 

ところで今レギュラーでやっているファッション系の記事執筆の本数を減らそうと思っています。

それは何故かって?儲からないからだよ!

 

 

1500文字1万円は高い?安い?

減らそうと思っているメディアは1500文字1万円です。

おそらくこれを見るとそこそこ高い単価に思えますよね?

でもね、これって決して高くは無いんです。

なぜなら

  • 撮影
  • 執筆
  • 入稿

までを完了させようと思うと1日仕事になってしまうからです。

おそらく日給で1万円なら高いと感じる方もいるかもしれませんが、現在の僕は1日平均で3.5〜4万円を売り上げています。

そして神クライアントからは「どれだけ書いても良いよ」と言われているのです。

結果的に損をしてしまうんですよね(´・ω・`)

もちろん仕事があるに越したことはありませんが、このメディアは僕自身がモデルもやるので、どうしても外注ができないのです。

だから儲からないから、減らすという戦略をとることにしました。

だってできる限り楽に稼ぎたいと思いませんか?

 

 

楽して生きていきたいから

「楽して稼ぐのは悪だ」「汗水垂らさなければならない」という綺麗事がまかり通っている日本ですが、誰だって少しでも楽に稼ぎたいと思っています。

それは僕も同じです。

けどね、それは決して悪いことではなくて効率良く稼ぐ方法を考えた結果なんだと思います。

特に僕はフリーランスであり経営者であるわけで、とにかく多くの売上を上げる必要があるんです。

だからこそ、コスパの悪い仕事は減らさなければならないのです。

とはいえメディアの仕事は楽しいんですよ?

ただ「楽しい」という感情が、僕にはモチベーションにならないのです。

 

 

モチベーションは人それぞれ

まだ今ほど売上もなく、時間に余裕があったときは「まあ単価も悪く無いしバイト感覚でいいか」と思って仕事をしていました。

しかもファッション系メディアなので買った服は衣装になりますし、友人と取材や撮影をするのは楽しいものです。

でも僕は「1番楽しいことはお金を稼ぐことだ」と気づいてしまったのです。

その結果、先月は70万円という売上を上げることができました。

そして来月は年間1000万の目安となる、月90万円に挑戦しようとしています。

そのためにはやはり効率良く稼ぐしか無いんですよね。

世間のおっさんは「けしからん!」って怒るのかもしれないけど、やっぱり無駄な汗水垂らすより、無駄な時間をかけるより、今できる最善の方法で高効率化を目指すべきだよ。

それでも「お前は楽して稼いでけしからん!」って怒るなら、そんなおっさんはきっとサラリーマンです。

だって何もしなくても、逆に頑張ってもそんなにお給料上がらないんだから。

だからおっさんが何十年と積み上げてきた給料に、限りなく近いた(むしろ大半は超えられた?)今ならこう言える。

 

おっさんの〇十年は、僕の3ヶ月と同じ価値なんだね

 

以上

 

 

本日の売上

レギュラー案件1記事 3万円くらい

 

【WEBライター必見】ライター契約が切られないために必要なこと

f:id:takagishi:20170517004105j:image

引用:ぱくたそ

 

どうも!タカギシです。

あなたはライターをしていて「あれ?何かした?」と思うようにプツッと契約が切れてしまったことってありませんか?

お恥ずかしながら僕もそんな経験があります。

でも原因が分からないので、なかなか次に生かせないんですよね…。

そこで今回はアフィリエイトの師匠から聞いた「外注ライターと継続契約」について説明していきますね。

今はやる気があるのでまともな記事を書くつもりです。

 

 

 

クライアントはなぜ継続契約を止めるのか

 

WEBライターとしては悲しいことですが、ある日突然やってくるもの。

それはクライアントとの契約切れです。

しかしクライアント側は一体なぜ突然契約を打ち切るのでしょうか。

それは主に下記のようなケースが該当してきます。

 

  1. クライアント予算の都合
  2. ライターがレギュレーションを守らない
  3. 修正指示事項を無視する
  4. 単純に記事の質が低すぎる

 

他にも理由はあるかもしれませんが、私がアフィの師匠から聞いた感じだと、大体この通りのようです。

1に関しては不可抗力なので仕方ありませんが、2〜4に関しては自分で未然に防ぐこともできるでしょう。

 

レギュレーションをきちんと確認していますか?

修正指示を受けた際は必ず確認して、100%の修正をしていますか?

クライアントがメディア運営をする上で、十分な質を備えていますか?

 

それが出来なければ必ず契約を打ち切られてしまいます。

とはいえ自分では中々気付かないライターもいるので、契約切れの前兆をお教えしましょう。

 

 

契約切れの前兆

契約切れになる前に、ある程度の前兆は存在します。

それは

  • メッセージに返信がない
  • 自分が「あまり上手くいかなかった」と思う記事に修正指示がない 
  • 納期近くになっても次の話が出ない

などです。

もちろんクライアントも人それぞれですので一概にはいえませんが、おおよそ正しいかと思います。

あなたはこれらの状況に該当していませんか?

もししているのであれば、色々と確認しておく必要があります。

 

 

契約切れになる前に確認すること

契約切れになる前で前述した前兆に当てはまる場合は、先ほど述べた4つのケースを思い浮かべましょう。

 

1.クライアントの予算は大丈夫そうですか?

入金が遅れている場合などは予算切れの可能性が高いです。打ち切られる前に確実に回収し、次の仕事を受注しましょう。

 

2.レギュレーションをよく確認し、きちんとルールに沿って執筆していますか?

もししていなければ自らクライアントに「レギュレーションを守れていない部分があったので、今から修正しても良いですか?」と断った上で早急に対応しましょう。

 

3.メッセージ上で修正指示を受けた際、本当にきちんと修正していますか?

一度メッセージを確認して、きちんと修正できているか確認しましょう。

 

4.掲載サイトの他記事を見て「自分の記事のレベルは他記事に見劣りしない、むしろ上だ」と思えますか?

「多少見劣りする」というレベルであれば必ず打ち切られます。それが嫌なら最低限、他記事のレベルに合わせましょう。

 

以上です。

一応僕のクライアントであり、アフィの師匠から聞いたことも次に載せますね。

 

 

師匠「外注は基本ハズレが多く、ある意味投資が必要」

師匠は外注は基本的にハズレだと言っていました。

また自信満々に提案してくる人に限って、まともな記事として納品できるのは10人中1〜2人なんだとか。

確かに僕も他のライターと共同作業をする中で、「あれ?こいつレギュレーション読んでないの?」と思う人に多く出会います。

そんな人はやっぱり次回には呼ばれないんですよね。

師匠的には

「教えるのも指示出すのも面倒だから、ダメな外注は前触れなく1回で切り捨てるし、納品された記事すら使わないことも多い」

とのことでした。

実際に僕自身も、最近外注ライターを依頼するようになったのですが

「サイトのコンセプトや、ユーザー心理を考えられないライターは価値がない」

と思っています。

だからこそマニュアルや構成案を徹底餌的に作り上げるんですけどね。

 

ちょっと面倒になってきたので締めます。

 

「WEBライター」を名乗りながらすぐに契約が切られる人は、一度自分が納品した記事を見てください。

もしも

  • 記事がショボい
  • 分かりづらい
  • 何を紹介しているかわからない

といった感想が出たのであれば、黄色信号ですよ。

 

 

本日の売上

レギュラー案件3記事 48000円

ランサーズ案件1記事 10000円

合計 68000円