タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

ライターにもマーケティングや営業力が必要だよ

f:id:takagishi:20170208214024p:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんは、タカギシです。

 

最近SNSを見ていると1年前よりも稼げる人が出てきたかなーと感じています。もしかしたら元々稼いでいた人がブログなどを介して前に出てきているのかも。

 

あくまで僕の予想ですが皆さん月30〜50万円は稼いでいそうなんですよね〜。僕もフリーランス初月の売上はそのくらいいきそうですが、果たして数多くのライターさんに勝つことができるのか。

 

そこで初心に戻るべく「マーケティング」や「営業力」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

ライターにおけるマーケティング

マーケティングと聞くと専門的で難しそうなんですが、そう気難しく考える必要はないと思っています。ようは「自分が間違いなく必要とされる市場を作り上げること」です。

 

 例えば僕の場合ですと「車に関係する分野全般」が間違いなく必要とされる市場です。自動車ディーラーで働いていた経験は他のライターさんには負けないでしょう。だって僕の方が情報量多いんだもの。

 

僕の場合は自分の経験によって市場が守られているのですが、別に経験がなくても特に問題はありません。なぜなら結局のところ多くの情報を持っている人が勝つからです。

 

なのでなんの経験もないからといって諦める必要はありません。ネット、書籍、取材を通して最も濃く、最も多い情報を得れば良いだけなのです。努力さえすれば誰でも自分のマーケットを開拓できますよ。

 

 

 

営業力は個人である限り必要

営業力は仕事を獲得する能力のことをいいます。よく勘違いされるのは「俺、コミュ力抜群だから営業力あるよ!」ってやつです。そうです僕のことです。

 

冗談はさておき、仕事を獲得するためには最低限のコミュ力(メールでやりとりができる等)は必要ですが、本当に最低限で大丈夫だと思います。なぜならフリーランスなんてものは実力社会ですから、良い記事が書ける=仕事を獲得できるからです。

 

自分の書いた良記事を見せびらかしておくだけでそれなりに仕事は入りますよ。

 

 

まとめ

ライターにおけるマーケティングと営業力、分かりましたか?WEBライターだけかもしれませんが、情報収集能力があれば市場を開拓でき、内容の濃い良記事が書けるのだと思います。

 

僕はそれができていないから「ちょい稼ぎ程度」の二流なんでしょうね。肝に命じておきます。

 

 

 

今日の売上

レギュラー案件1記事 11500円

新規案件2記事 1700円

合計13200円でした

 

 

 

 

 

広告を非表示にする