読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

僕の1日の生産量は10000文字くらい

こんにちは、タカギシです。

今日は生産量についてお話しします。

 

私のようにライターとして記事執筆をすることによる報酬を得る場合、文字単価に限界があります。例えば私の場合ですと、おそらく文字単価にして5〜7円程度が限界でしょう。(現在2.2円くらいです。)

そのため今後ライター業を真面目に継続していくと、1日の生産量(売上)は5〜7万円が限界なんですよね。

 

1日5〜7万円ということは、20日稼働で100〜140万円です。ライター業なんて原価率めちゃ低いから、それだけ売り上げれば十分だと思いませんか?でも僕はまだまだ少ないと思うのです。

だって何かあった時に収入0になったらどうすんの?

1人で事業をまわすのって、何か不測の事態が起きた時に弱すぎるんです。だから、せめて1人でやるのなら月200万円は欲しいと思っちゃうんです。

 

だからライター業の場合今以上に生産量を上げる方法は

1.自分以外の人間を使う

2.別の事業を育てる

の二択だと思っています。

 

1は優秀なライターと契約し、3〜4円で回せば品質に問題なく利益を中抜きできそうです。

2は一旦収入を半分にして、残りの半分の時間で低コストな事業を始め、生産効率を高めるのです。ブログ飯なんかが良い例ですが、安易に始めず情報収集をしてからにしましょう。

 

で、何が言いたいのか。

要は自営でやる場合は1つのことに注力しすぎると、生産量の限界はすぐに来ますよってこと。

多分だけどライター界隈で有名な、名もさんやとっとこさんも同様で、自分の限界を分かってるんじゃないかなあ。そしてその限界点近くに到達してるんじゃないかな?分かんないけど。

 

というわけで「ああ、もう無理。これが限界。生産量はこれ以上上がりません。」って考えている方は、ちょっと見方を変えてみるといいかもしれません。

多角化なり外注なりでもっと生産量はあがる(はず)でしょう。

 

以上、今月の売上20万円のタカギシでした笑

 

 

 

 

広告を非表示にする