読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

今年も残り僅か!【後編】〜悪い流れから良い流れへ〜

こんにちは、タカギシです。
前編に引き続き後編をお送りしていきます。
前編を読んでいない方は1つ前の記事をご覧ください。リンクは貼りませんので!お手数をおかけします笑

さて前編では良すぎるスタートを切りながら失速していく様が見事に残念な感じでした。
後編はすごいですよ〜。だって、気持ちの面で大逆転しますから。

それでは始まり始まり…




2015年振り返り一覧

7月

2回目の結婚記念日を迎える。ほんと嫁さん大好き♡
そんな気持ちとは裏腹にもうダメぽ…気持ちがすこぶる落ち込むようになってしまいました。

仕事はサボりまくっていたので上手くいかない。頼みの綱の起業は口だけ。八方ふさがりでした。

ボーナスは組合との取り決め支給額を満たしておらず、理由を聞きに行ったら「は?もっとよこせってこと?じゃあ売上あげて手当稼げば?」とのこと。おいおいその手当が少ねえから困ってんだよとは言えず、敗退する。

本格的に会社が嫌になり、出勤しても車から出られなくなりました。(同期に車まで迎えに来てもらって本社まで行っていました)


8月

相変わらず車から出られない。今思えばここで医者に行くべきだった。
仕事は相変わらずしないままでした。

そして起業の方は恩師に相談することに。8月の記事にも書きましたが、ボロカスにやられて再起不能になりました。そこで転職を決意し、転職活動を開始しました。


9月

転職先が決まらないまま、大きな仕事を任されるようになりました。もう半分おかしくなっていました。
起業してあいつらを見返す!→起業プラン破棄のためただのクズ野郎のまま。負け犬を噛み締めていました。

経営者である叔父にも教えを請いましたが濃い結果は得られず、自分でなんとかしなくてはと考えるように。

もう行動に移す時が来た。


10月

ある朝会社に行くことを身体が強烈に拒否するようになりました。とうとう来たかと思いながら病院へ行くと、適応障害とのこと。ニート生活の始まりです。

時間が有り余るため、家事をやるようになりました。嫁さんの大変さが心に沁みました。

そして起業についても1から考え直しました。良いアイデアは思い浮かびませんでしたが、考えることは重要だと気付きました。
考えた結果として、とりあえず複業ライターをして自分で稼ぎ出す感覚を掴もうと思うようになり、ランサーズに登録しました。


11月

ランサーズに登録したものの、自分の書いた記事で大丈夫なのか?とビビって中々始められませんでした。やべえ、9月に行動しようって決めたじゃん。

半ば頃に記事がダメだったら次を考えよう、そんな思いからようやくスタート。初めてのタスクは100円ぐらいしか貰えなかったけど、稼ぐ喜びを覚えました。

これだ!これが稼ぐってことなんだ!素直にそう思えました。


12月初旬 12月は本当に激動なので3分割します。

ランサーズで本格的に複業を開始。やれるとこまでやってみようという気持ちになりました。
その結果意外と簡単に5万くらいなら稼げる感覚が湧きました。文字単価2円ぐらいなら誰でも取れますよ。
そして複業スタイルが最強だという考えになり、復帰を決意することにしました。

この時期は何よりも行動することの大切さを学びました。


12月中旬

ランサーズでの直接依頼のされ方や、ランサーズ外での営業の仕方を学びました。結果として文字単価5円の案件を受注するなど華々しい成果を上げることが出来ました。

しかしライター業の将来性はかなり不安なため、新しい収入源を作るための勉強を始めることに。ここへきて将来の収入やビジネスについて真剣に考えるようになり、本気で展開していく決意をしました。

考えること、段階を踏んだビジネス設計をすることがいかに大切かを確信しました。


12月下旬予想

年明けには復帰をするので残りの時間はゆっくりと過ごします。ゆっくり家族と過ごし、ゆっくり案件をこなして、ゆっくり次の収入源の準備に取り掛かる予定です。
また自分の将来のビジネス設計を、より明確にする時間に充てたいと思います。





以上、振り返りでした!
前後編にわたって総文字数3000字ぐらいですよ笑
1年って長く、そして濃い時間が流れているんですね。

簡単にまとめたものを次回書きますのでまた読んでみて下さい。

あなたの1年は私より濃い1年でしたか?











広告を非表示にする