タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

初心者ライターがこれから生き残るために必要なこと

こんばんは、タカギシです。
バルセロナの試合を見て熱くなってしまい2時過ぎまでウイイレをしていたダメ人間です。

ここ最近しつこくライター業は終わりを迎えるだろう、みたいなことを偉そうに言っています。

こんなにぐうたらしている人間の言うことなんて信用できないでしょうけど、ライター業をかじっている1人の意見として耳を傾けて下さい。



・ライター業は確実に低単価へ向かっている

何をどう足掻こうが紛れもない事実です。現に文字単価0.05円の案件が出るようになってしまいました。
あと5年もすれば本当に稼げなくなりそうです。

こんな風になってしまった原因は、私のような素人ライターが増えてしまったこと誰もがメディアを作るようになってしまったことこの2つだと思っています。

私のような素人ライターは適正価格が把握できていないため、低単価の案件を受けてしまいがちです。そのためクライアントが発注する基準単価が下がります。また素人が受けます。無限ループです。

また誰もがメディアを運営するようになり記事作成の需要は拡大していますが、弱小メディアが乱立しているため単価が下がっている気がします。そりゃ儲からないけど発注=低単価での発注になりますもんね。

なにか革新的な出来事が起こらない限り、全体的な単価が上がることは無いと思いますよ。



・じゃあどうすればいいの?

もう次のことを考えながら行動するべきです。システムだけ考えて、使う側へ回れば良いんです。この世の中、お金をかけずに人を使う側へ回るネタなんていっぱい転がっています。

会社でも社長が儲かる仕組みじゃないですか。あれをお金かけずにやれば良いんです。
理屈は簡単なので色々考えてみても良いと思いますよ!

例:個人での結婚相談事業とか。
自分の部屋と電話さえあればできます。誰かを使って回すだけでお金が発生する仕組みづくりですね。

労力は最小に・成果は最大に、徹底して考えれば自分なりの答えに辿り着くことと思います。



・でもせっかく始めたんだから、ライターとしてこれから生き残りたい!

止めませんよ。業界の常識を打破しようだなんてかっこいいじゃないですか。

そのための方法としては
とにかく受注して仕事をしまくることです。
朝〜晩までひっきりなしに書きまくりましょう。
ランサーズに限って言えば、認定ランサーになるためには月15〜20万円ぐらいが目安っぽいのでそれなりに頑張れば、すぐになれますよ!

認定ランサーにさえなってしまえば後は直接依頼を待つのみです。待っている間にSNSで宣伝しまくって直接取引する相手も見つけてしまえぼいいんです。

今のうちなら
月15〜20万円稼ぐ→認定ランサーになる→高単価の案件もらいながらSNSで情報発信→メディアとの直接契約が可能だと思います。

メディアとの直接契約をしてしまえば、潰れない限りそれなりに高単価で書かせてくれるでしょう。

最初こそ辛いかもしれませんが、頑張って書きまくりましょう。




・まとめ

ライター業で生活をするのは段々難しくなってくるでしょう。しかし今なら少しハードに努力をすることで道は開けます。
僕はぐうたらなのでそこまでは絶対しませんが、実績さえ上げればそれなりにクライアントさんが付いてくれると思いますよ。

応援してます!頑張ってくださいね!!!







広告を非表示にする