読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカギシズム

複業ライターをしながら転職。そして転職先をクビになりフリーランスのライターになった人のブログです。

クビになったせいでバレンタインが台無しに

 f:id:takagishi:20170214225524p:image

引用:ぱくたそ

 

こんにちは、タカギシです。

 

2/14の本日は何の日でしょうか。そうです!僕と嫁さんが付き合った記念日ですね。

なんと7年前の今日、幼なじみから格上げになるというドラマチックな展開を経て今日に至るわけですが、もうラブでハートでドッキドキで…

 

あ、今日バレンタインじゃん。

 

今年の「たくさんチョコもらう大作戦」が台無しになったのでお話ししようではありませんか。モテない系男子は飯ウマだと思って読んでおくれ。

 

 

クビになったせいだ!!!

皆様の記憶にも新しいかもしれませんが、僕は前職をクビになっています。クビになっちゃったから仕方なくフリーランスになったという、あまり例のない人間です。

 

そんな僕がクビになった会社は男女比が「1:9」ぐらいでした。だから年明けに入社した際、

「今年は前例のないくらいチョコがもらえるぞ〜、SNSで死ぬほど自慢するぞ〜、ハイパーリア充だぞ〜」

なんて妄想を膨らましまくっていたのです。

 

それなのに…それなのに…

 

クビになったせいで全部台無しじゃねえか!

 

めちゃくちゃ楽しみにしてたのに、クビにされたおかげですべて台無しですよ。「あー、チョコ食いすぎて太っちゃう〜(すでにデブすぎる)」とか言ってみたかったなあ…(遠い目

 

使えなさすぎてクビになった僕が悪いので反省しておきます。

 

 

 

今年も嫁さん&娘に頭下げます

というわけで今年のバレンタインは嫁さんと子供に頭を下げて、急遽夕方からチョコチップクッキーを焼いてもらっています。

 

僕が法人化して1000人企業の社長になった暁には、女性従業員全員に「社長へのバレンタインチョコ義務化」を実施しようではありませんか。

 

1000人集まる頃には僕は500歳くらいになってると思いますけどね。以上。

 

 

今日の売上

レギュラー案件2記事 21600円

 

 

 

 

不労所得は不労所得ではないという矛盾

f:id:takagishi:20170213151943p:image

引用:ぱくたそ

 

こんにちは、タカギシです。

15日のランサーズ締め日まであと少し…とにかく売上を積み上げねば!!!というわけで休日返上で仕事をして死ぬほど頑張っていますよ!

ただそんな頑張りに水を差すやつがいるんですよ〜

 

 

 

休憩だいじ!

僕は座り続けるとお尻と腰がおかしくなるので、ちょくちょく休憩をとります。そして休憩中はTwitterFacebookで情報収集することが多いんですよね。

 

今日もまた休憩中にTwitterを見ていたら、とある方がフォローしてくれたんです。誰だろ?と思ってプロフィールを確認したら「不労所得で生活してます。本気で取り組みたい方のみ連絡ください」と。そういう垢多すぎるよね。

 

多分「稼げてなさそうなフリーランス」に向けてフォローしまくっているのでしょう。その人がフォローしてる人、本当に稼げてなさそうなフリーランスばかりだったもん。

 

うっせーわ!そんな怪しいもんに手出ししてたまるかってんだ!!!

だからチキンな僕は「このブログ内のみ」で反論しますよ。

 

 

 

 

不労所得不労所得じゃない!

その人、というかそれらの人はしきりに「不労所得を簡単に作りました」とか言います。そんなもん嘘です。

 

不労所得と呼ばれる稼ぎは、基本的に成果を上げなければ得ることができません。

 

例えば不労所得で有名な不動産収入。入居者がいないと収入を得ることができません。入居者を集めるために、改装やら営業やら、少なくとも労力が必要なのです。しかも入居者からの問い合わせやクレームには逐一対応を求められますから、不労とはとてもいえないですよね。

 

またこちらも有名ですが、ブログやサイト等のアフィリエイト。僕も参入する予定です。しかしこちらに関しても不労とはとてもいえません。なぜなら定期的な更新はもちろんのこと、常にSEOについて考えなければならないからです。

 

これらは一般的に「一度完成すればずっと自動的に稼ぎ続けてくれる」と思われていますが、そんな甘いわけねえだろと。手をかけないようになれば当然終わりが来ます。

 

だから不労所得とはいえませーん!!!でも「限りなくちょっとだけ」の労力で稼ぎ続けることは可能かもしれません。

 

その方法は人を使うこと。自分は極力仕事をせず、誰かを雇って仕事を丸投げすればOKです。しかし教育や労働環境の整備など難しい問題も山積みですし、やはり自分が不労になることは難しいでしょう。

 

時間的にも金銭的にも豊かになるためには、少々の労力は必要なのだと思います。

 

以上!

 

 

 

今日の売上

レギュラー案件1記事 12900円

 

深夜追加分

レギュラー案件2記事 30200円

合計43100円

 

※売上の計算方法変えました。帳簿上の理由で、ランサーズ手数料込の計算にしておきます。

 

 

 

 

 

面倒から逃げても良い?いいよっ!

f:id:takagishi:20170213025456p:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんわ、タカギシです。

また日付変わってますが悪しからず。

 

昨日1本本日3本で平日よりも仕事してますよ!

 

でもイライラが溜まってきたので吐きましょうかね。先に言っておきますが、僕は脳みそ幼稚自己中ワガママ人間です。「ああ、世の中にはこんなショボいやつもいるんだな」と思ってください。

 

さーて、愚痴ります。

 

 

 

 

久しぶりに新規の仕事を取りに行きました

ことの発端は久しぶりに全巻検索をしていた月曜日ごろ(詳細忘れた)まで遡ります。

ランサーズ垢で単価が良さげなものがあったので迷わず提案したら見事当選したのでした。

 

あーよかった。仕事増えてお金稼げるわー。なんて思ってましたよ。

しかしですね、過去に苦い思い出のあるランサーズ垢。1年ぶりとはいえ何かあるのではないかと不安でした。

 

そしたらやっぱり事が起こったのです。

あー思い出すだけでもイライラする。

 

 

 

イライラする共有方法

ランサーズ垢案件など、複数のライターが同時に仕事をしている案件では「共有」が大事です。そのためスプレッドシートやチャットワークを利用することは分かるのですが…

 

とにかく面倒臭い

 

スプレッドシートが必要なのは百歩譲りますよ。(本当はレギュレーションやらなんやら詰め込みすぎて見辛いし使いにくいし重いしで、嫌です。)

 

しかしチャットワーク、お前だけは許さない

 

あのグループLINEのような地獄はなんですか。クソどうでもいいお返事をする輩はなんですか。自分以外の人間には関係のない質問をするやつはなんですか。

 

正直に申しましてウザいこと極まりません。担当者が全体に連絡をするとき以外は必要ねえだろ!と思うのです。だってどうせ質問とかは個別なんだしさ。

 

というわけでもう面倒臭すぎて萎え萎えです。

 

 

 

ルール違反

なんですかね、あれ。公式の垢のくせに毎度堂々とルール違反をしてらっしゃる。

 

まず代表的なのはエスクロー前に書かせること。そっちの都合なんか知らねえから。ルールはルールなんでしょ?守ろうよ。しかも今回の案件はエスクローどころか、依頼さえもしていない状態だったわけ。いいかげんにしたまえ。

 

あと目立つのは予定と異なる納期で勝手に話を進めること。いやー指定されてた納期と全然違うじゃん?あなたとだけ仕事をしてるわけじゃないんだし、そんなギリギリで物申されてもできるわけないじゃん?ちょっとは考えろよ。マジで。

 

あとあと、細いかもしれないけど休日や深夜にも関わらず連絡してくること。普通「休日かと思いますが申し訳ありません」とか「夜分遅くに失礼いたします」とか言うでしょ。

 

でもやつらはそんなのお構いなしなので「お世話になります!こんだけやっといてください!」的なノリで来るわけよ。バカ言ってんじゃねえ。こっちは休日で幸せ家族タイムなんだよ。邪魔すんなボケ。

 

で、次々にチャットワークでピコピコ送って来るもんだからたまったもんじゃありません。休日の、しかも夜中にピコピコうっせーわけですよ。許せん。僕の大切なゆっくりタイムに水を差しやがって。

 

だからムカつきまくってるわけですよ!!!

 

ランサーズさん見てますか?見てたら反省してくださいよ!!!

 

一応言っとくけど、仕事もらえたことには感謝しています。

 

 

 

逃げるが勝ちか泥沼にハマるか…

面倒臭いと思っているのは事実で、単価は高いけど諦められる範囲。でもフリーランスだから迷っている部分は少しあります。

 

最初の2記事付き合ってみて、その後の対応を考えようかな。ちょっとイライラしすぎててまともな判断ができないのかも。冷静になってからの方がいいね。

 

とにかく自分の進むべき道に沿って歩いていければなあと思ってますよ。

 

 

 

今日の売上(昨日分含みます)

レギュラー案件4記事 41000円

 

 

 

 

 

 

フリーランスって自由で最高!ちょっと待てよ…

 f:id:takagishi:20170211021910p:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんわ、タカギシです。

深夜になっちゃったあああ。

 

ちなみに昨日の売上は0円です。

1日中お外の用事を済ませてました。

 

まあフリーランスなんでね、好き勝手休めますし自由に行動できるんですよ。良いでしょ!

 

…そう思っていた時期が私にもありました。

 

 

自由だけど自由じゃない、けど自由

もうねお外の用事なんて行き放題です。

銀行も行けるし、市役所も行けるし、カフェにも行けるし、病院も行けます。今日なんて母親のためにチケット買いに行きますよ。

ほんとに行き放題。だってフリーランスだもの。

 

だけど用事ばかり済ましていると、そっちに時間を取られて仕事ができません。休めるけど稼げない、稼げるけど休めない…どちらにせよ拘束されるので、自由であって自由ではないのです。

 

 

有給ってありがたい制度でしたなあ。

 

 

売上に繋がらないことはしたくない

僕はぐうたらですが、最近の楽しみは「お金稼ぎゲーム」をすることです。つまり仕事です。

 

もう常に頭の中はお金を稼ぐことでいっぱいで「今この時間に記事を書いたら〇〇万円だな〜」とか「こうすればマネタイズできるな〜」と常に考えています。

 

だから極力病院やら市役所なんて行きたくない!!!その時間に稼ぎたい!!!

 

お金稼ぎゲーム以外したくない!!!

 

僕はお金に囚われています。

 

 

フリーランスは拘束されている

結局お金や時間のジレンマに縛られて拘束されているということは「自由ではない」という状態だと思っています。

 

僕の人間性がまだまだ未熟だというのもあるかとは思いますが…

 

とにかくフリーランスは自由ではありません。いくらカフェで仕事をしても、昼寝をしても、お休みしても、自由ではありません。

 

まあ、会社員も自由ではないですけどね。

 

僕は自由ではないけれど、とりあえず満足していますよ。(めんどいのでおしまい)

 

 

今日の売上

レギュラー案件2記事 21500円 

 

 

 

 

ライターにもマーケティングや営業力が必要だよ

f:id:takagishi:20170208214024p:image

引用:ぱくたそ

 

こんばんは、タカギシです。

 

最近SNSを見ていると1年前よりも稼げる人が出てきたかなーと感じています。もしかしたら元々稼いでいた人がブログなどを介して前に出てきているのかも。

 

あくまで僕の予想ですが皆さん月30〜50万円は稼いでいそうなんですよね〜。僕もフリーランス初月の売上はそのくらいいきそうですが、果たして数多くのライターさんに勝つことができるのか。

 

そこで初心に戻るべく「マーケティング」や「営業力」についてお話ししたいと思います。

 

 

 

ライターにおけるマーケティング

マーケティングと聞くと専門的で難しそうなんですが、そう気難しく考える必要はないと思っています。ようは「自分が間違いなく必要とされる市場を作り上げること」です。

 

 例えば僕の場合ですと「車に関係する分野全般」が間違いなく必要とされる市場です。自動車ディーラーで働いていた経験は他のライターさんには負けないでしょう。だって僕の方が情報量多いんだもの。

 

僕の場合は自分の経験によって市場が守られているのですが、別に経験がなくても特に問題はありません。なぜなら結局のところ多くの情報を持っている人が勝つからです。

 

なのでなんの経験もないからといって諦める必要はありません。ネット、書籍、取材を通して最も濃く、最も多い情報を得れば良いだけなのです。努力さえすれば誰でも自分のマーケットを開拓できますよ。

 

 

 

営業力は個人である限り必要

営業力は仕事を獲得する能力のことをいいます。よく勘違いされるのは「俺、コミュ力抜群だから営業力あるよ!」ってやつです。そうです僕のことです。

 

冗談はさておき、仕事を獲得するためには最低限のコミュ力(メールでやりとりができる等)は必要ですが、本当に最低限で大丈夫だと思います。なぜならフリーランスなんてものは実力社会ですから、良い記事が書ける=仕事を獲得できるからです。

 

自分の書いた良記事を見せびらかしておくだけでそれなりに仕事は入りますよ。

 

 

まとめ

ライターにおけるマーケティングと営業力、分かりましたか?WEBライターだけかもしれませんが、情報収集能力があれば市場を開拓でき、内容の濃い良記事が書けるのだと思います。

 

僕はそれができていないから「ちょい稼ぎ程度」の二流なんでしょうね。肝に命じておきます。

 

 

 

今日の売上

レギュラー案件1記事 11500円

新規案件2記事 1700円

合計13200円でした

 

 

 

 

 

1日に使えるのはたった9時間

f:id:takagishi:20170207153932p:image

引用:ぱくたそ

 

こんにちは、タカギシです。

今日も無事お仕事終了しました。

 

今はレギュラー案件のみで仕事をしていますが、今後のことを考えるとまだまだ案件を増やさなければと思っています。

 

だがしかし!時間的な制約を前に僕はどう動こうか迷っているのです。

 

 

1日に最大9時間しか使えない?

毎日の生活の中で「家族との時間に合わせる」というルールを課している僕は、他のフリーランスの方と違い時間的な制約があります。

 

それは娘を保育園に送り迎えすること。

 

まず朝8時半ごろ保育園へ送っていき、その後はフリーですが、再び16時ごろに迎えがあります。

 

そのため僕のフリータイムは

〜8:30と9:00〜16:00なのです。

 

ということは毎日6時に起きて仕事をしても合計9時間しかとれないことになります。9時間と聞くと十分かと思われますが、ちょっぴり足りない感じがするのです。

 

 

12時間ぐらい欲しい

冒頭で述べましたが、僕が今執筆しているのはレギュラー案件のみ。そのためあと2件ほどレギュラーを増やしたいと思っています。

 

しかしそれぞれ1日1記事執筆として平均4000文字とすると…4000文字×3件=12000文字になります。

 

慣れない分野に挑戦するつもりですから、1000文字45分の計算をすると… 540分、つまり9時間かかってしまうのです。

 

ここで「上限の9時間だから問題ない」と思うのは時期尚早で、まだまだやらねばならないことが多くあります。

 

 

新規事業の作り込み

前々から言っていますが、僕はアフィリエイト事業に参入しようと思っています。これの準備、更新、作り込み等に1日3時間程度は欲しいなと思っているのです。

 

ということはやっぱり12時間ぐらい必要なんですね。

 

ライターで安定して需要のある案件をこなしつつ、アフィリエイト事業で時間をかけて成熟させていく。そうしないと大きく稼ぐことは不可能なのです。

 

名も無きライターさんやとっとこランサーさんはライターだけで月に何十万、何百万円と稼いでいますが、僕にはそんな才能ありません。だからこそ時間をかけて金の成る木を育てなければならないのです。

 

 

とはいえ時間は増えない

ここまで一生懸命に何か言っていたとしても、1秒も時間が増えることはありません。だったらどうするか。

 

ライターを抑えて金の成る木を作ります。

 

おそらく我が家は月30万円程度の売上を上げていれば大丈夫です。なのでライターは30〜40万円稼ぐ程度にしておき、残りの時間をサイト作成に費やします。

 

そこそこサイトが成熟してきた頃に、新たなサイトを作るのか、それともライターの案件を増やすのかを考えていこうと思っています。

 

とにかくこの1年は稼ぎを確立しなければ笑い者になってしまいますので、やり切るしかないですね(´・ω・`)

 

家族のため、自分のために必死になりますよ!

 

 

 

 

今日の売上

レギュラー案件1記事 11200円

 

 

 

 

 

フリーランスになるにはライターがお手軽?

f:id:takagishi:20170205195525p:image

引用:ぱくたそ

 

こんにちは、タカギシです。

昨日一昨日と、しっかりお休みしてエネルギーを充電しました!

フリーランスになってから家族との時間が幸せで、少しだけクビに感謝してたりします。

 

さて、そんなフリーランスですが「自由」というイメージが先行して、僕みたいなゆとり世代には憧れが強いかと思います。

そこでフリーランスになって感じたフリーランスのメリット・デメリットについて偉そうに解説していきますよ!

 

 

フリーランスのメリット

・時間的自由がある

どれだけ寝てもどれだけ仕事をしても怒られません。しかも自宅で仕事をするのであれば出勤まで0秒。起きてすぐ職場なんて素晴らしいですね!

 

・仕事を選べる

サラリーマンの時って、嫌な仕事でも業務命令であればしなければいけませんよね。フリーランスであればそんなことをしなくてもいいのです。自分が嫌なものは断ることができるためワガママに仕事ができます。

 

・ウザい上司は0、自分が1番偉い

出世競争疲れません?しかも「俺らが現役の頃は〜」なんて言ってる旧世代の戯言って疲れますし。愛想笑いって超疲れるんですよね。

その疲れから解放されます!フリーランスを名乗ったその日から自分が1番偉いんです!

 

 ここまでが代表的なメリットです。まあ予想通りでしょうが、ほんとに「縛られない生活」って素晴らしいです。あとクソ上司に当たらずに済むことも素晴らしい。

 

ほんとフリーランスって素晴らしいですね!でもね、目を瞑るのはやめましょう。デメリットだってありますよ。

 

 

フリーランスのデメリット

・稼ぐためには時間をも犠牲に

生きていく、家族を養うためにいくら必要か把握していますか?その金額を達成するまでは「時間を犠牲にし続けなければなりません。

1日18時間仕事しても月商20万円、なんてこともあるかもしれませんね。

 

・生きていくためには仕事を選べない

ウザい上司はいません。でも「ウザいクライアント」から仕事をもらわないといけない局面もあるでしょう。時間と同じく、生きていくために犠牲にしなきゃならんこともあるのです。

 

・廃業時に失業手当がない

「この仕事無理だ、やめよう」と思ってもフリーランスには失業手当がありません。始めるのに必要な度胸は辞めるときにも必要なのです。ってかそもそも成功する予定がなくて辞めることを考えるのだったら、フリーランスになるのはやめましょう。

 

・割高な国民健康保険に加入

国民健康保険、高いです。奥さんが正社員だったら迷わず扶養に入れてもらうべきです。そのくらい国民健康保険は高いです。

やっぱり強制保険はみんなまとめて安くしときたいですよ。

 

・稼げない奴はニート以下

これ僕のイメージなんですが、全然稼げていない「自称フリーランス」はニート以下です。それならやらない方がマシっていうレベル。

なぜかというと、全然稼げてない=生活ができないから。もし貯金を使いながらっていうのなら良いのかもしれませんが、ほんとに収益化できます?「かもしれない」ではなくて「確実に稼げる」という見込みが必要だと思っています。

 

 

…とまあクビになって突然フリーランスになった若者がほざきましたが、僕は「いまのところ」フリーランスなって良かったと思っています。だってメリットの恩恵の方がはるかに大きいんだもん。

あと、複業時代に稼げていたってのも大きいですね。だからこそフリーランスとしてやっていけてます。←まだ1週間

 

 ああ、そういえばひとつ言い忘れてました。メインタイトル無視してすみません。

 

 

ライターってお手軽ちゃう?

フリーランスのライターになるって難しくないんです。だって文字単価0.5円でも最低限の生活費は稼げるしね。

 

でもよく考えよう。0.5円のライターは紹介したデメリットばかり感じるんじゃないかな。

だから「どうしても現状が嫌で、何としても一度自分の力だけで稼いでみたい」と思っていない限り、とてもではありませんがオススメできません。

 

まあアフィリエイターに需要があって、なおかつその分野の専門的な知見をもっていれば話は別でしょうけど。

 

クビにでもならない限り、簡単にフリーランスのライターになんてならない方が身のためだと思います。車買取分野最強の僕も全然身になってないですもん。

  

 というわけで無理矢理フリーランスのライターになるのはやめましょう。

 

 

まとめ

1人でもライバルを減らしたいというゲスな考えから、今回のブログを書きました。僕のマーケットは死守したいですからね。

 

今の所はいませんが、「タカギシさんと同じ分野で月収50万円達成しました」とかいうやつがそのうち出てくるはずです。そうならないためにも小さな芽は摘んでおかなければ…笑

 

しかしですね、仲間ができるのは嬉しいのでご相談等いただければ、プライベート以外はなんでもお答えしますよ。

 

おそらく数年後の僕のフィールドは「ライター」ではなくなっているので、ノウハウはぶっちゃけます。

 

 

でも今だけは…

ライバルみんな散ってしまえ!!!!!

 

おしまい。

 

 

今日の売上

レギュラー案件1記事 10600円